NEWS

キセルのNews

キセル結成20周年記念ベスト盤”Kicell’s best 2008〜2019”が本日店頭入荷!!!

2019.08.20

キセル

誰もが歳をとりますし、歳をとるにあたってどう日々を過ごすか?なんてことを考え出すのも歳をある程度とってからで、それこそ若い頃は日々どう過ごすか?なんて一切考えてないし、そもそも将来のことも、それこそ夢は見るものの、現実的な着地点ってのが考えてなかったし、考えても見えなかったのが本当のところです。って急に何を書いているのか?って話ですが、キセルの明日店頭入荷するカクバリズムのベスト盤”Kicell’s best 2008〜2019”を聴きながら最初に考えたことでして、、、そう、キセルとカクバリズムが一緒に音楽を共に歩みだして、今年で11年。2007年には所属してもらっているから、12年ですね。音源リリースしてからは11年。キセルは結成してから20周年。12年!僕らはどういう道のりを歩いたんだろうか?と、考えたくもなるわけです。もっとたくさんの日々を一緒に過ごしているような気もするから勝手にもっと時間が立っていたような気もする。僕は28〜29歳だったんですね・・・。キセルの兄さんは31くらいかな。友晴君は25歳とかかぁ(笑)。年齢面白いですね笑。カクバリズムにとってキセルとのこの12年は本当に大切で、レーベルにも、個人的にも。凄いパワーとレーベルとしての芯を共に作ってくれたなー!と一重に思います。

”Kicell’s best 2008〜2019”を聞き返していると、それこそ色々な思い出が浮かんでくるんですが、キセルの良いところは最新のことも、いつの出来事だったかさえ時代を超えて、朧げになっていくというか・・笑。どこか別の世界に連れこむ瞬間と、急に地面に足をつけている瞬間と、なんか手塚治虫みたいな瞬間と、家族みたいな瞬間とか・・が重なり合って、特別なものになっていく。古くなるようで全然ならない。まぁ古くなっても全然良いんだけど笑。これって何だろうっていつも思いますが、らしさって言葉ではない、特異な性能?でしょうかね。これには名前はつかないんですけど、キセルのスペシャルな部分。そこがゾワっと襲ってくるし、ワクワクさせてくれる。兄さんの目の中がズボ〜ンって深い。二人の声ってのもドデカイですよね。で、やっぱりベスト盤というものを聞いていると思う醍醐味ってのが確実にあって、そこに至る経緯の大切さがどうやっても滲み出る。出したくても出ないものが出てくる。これは年月ってやつの恩恵ですね。もちろんこのベスト盤はあくまでキセルの一部でしかないのですが、大切な一部であって、これまでのキセルの20年があるからこそ生まれた一枚で(全部そうだけど)、キセル二人の日々でもあるなーと思うわけです。ゆえにおこがましいものですが、皆さんの日々にもどうかキセルの音楽を鳴る瞬間をバシ〜!っと増やして欲しいなという思いが今回のリリースにもあるし、20年とか関係なく新しい人にも聞いてもらえたらっていう僕らの確固たる思いもあるわけです!でね!そんなアチ〜感情を込めに込めたベスト盤ですが、2枚組になってまして、DISC2は新録!!!!スピードスター時代の楽曲とカクバリズム初期の頃の楽曲を新しいアレンジで宅録!キセルの宅録は最高に素敵なので、こちらほんとバッチリ!!!!ただのベスト盤は出させてくれません(笑)。

なので、今日発売(店頭入荷)の”Kicell’s best 2008〜2019”を夏の最中に楽しんでもらって、9月16日の日比谷野外音楽堂でのキセルで野音、20周年記念ワンマンに是非とも遊びに来てください!!!!不回避なライブですよ、これは!!!!

『Kicell’s Best 2008-2019』
品番:DDCK-1062
発売日:2019年8月21日(水)
価格:3,200円(税別)
収録内容:
disc1
1.くちなしの丘
2.ビューティフル デイ
3.富士と夕闇
4.覚めないの
5.山をくだる
6.夜の名前
7.君の犬
8.一回おやすみ
9.夕凪
10.時をはなれて
11.ひとつだけ変えた
12.マジックアワー

disc2
1.ピクニック
2.柔らかな丘
3.エノラゲイ
4.ナツヤスミ
5.ギンヤンマ
6.春の背中

収録曲のMVある曲をここで振り返りましょう!!!!!
まずはビューティフル デイ

富士と夕闇

夜の名前

君の犬はカクバリズムの5周年のライブ映像から

ひとつだけ変えた

う〜ん、どれも良いですね!!!!

”Kicell’s best 2008〜2019”を皆さん、楽しんでもらいつつ、最近ライブでも新曲をやってますので、こちらも大いに期待していてください。キセルの特別な部分にフレッシュな要素!さらには耳馴染みを越えたキセルの音楽を21年目もしっかり提案させてもらいますので!!!!

いつだってキセルは特別なので!凄い兄弟ですよ、ほんと笑!!!!



キセル『Kicell’s Best 2008-2019』のジャケット&特設ページ公開!

2019.08.05

キセル

いよいよ再来週8/21(水)にリリースが迫った、キセルのベストアルバム『Kicell’s Best 2008-2019』!
ついにジャケットも完成しました〜!コチラ!

ジャケットのイラストはYOUR SONG IS GOOD・モーリスさん!
キセルのリクエストで、「キセルを吸ってる中南米辺りのおばあちゃんかおじいちゃん」をイラストに落とし込んでもらいました。
CD全体のアートディレクションは佐藤穣太さんです!

是非CDを手に取って観て頂きたいです!

そしてBEST盤の特設サイトもOPENになりました!

キセル『Kicell’s Best 2008-2019』特設サイト

コチラはまた追加でコンテンツをアップして行くと思いますので、引き続きチェックしてください〜。



2017年の名盤、キセル『The Blue Hour』・ mei ehara『Sway』が 7月30日(火)にアナログで2作同日リリース!

2019.07.17

キセル,mei ehara

2017年にリリースした名盤2作品のアナログリリースが決定しました!
一作目は、今年結成20周年を迎えたキセルの『The Blue Hour』。
キセルにしか出せない浮遊感の中に描き出される美しいサウンド、まるで脈々とつながる稜線のようなトーンに包まれた本作が、アナログになることによってさらに聴く人の胸に落ちていきます。

二作目はmei eharaの『Sway』。全曲自身が作詞作曲を行い、その彼女の作り出す音楽と世界観にシンパシーを感じたキセルの辻村豪文が全面プロデュースを行った言わずもがな極上の1stアルバム。

兄弟のような二作をぜひ合わせてアナログでお聴き頂けたらと思います!

キセルは8月21日(水)にベストアルバム『Kicell’s Best 2008-2019』のリリースも決定しています。9月16日(月・祝)に行われる、『20th anniversary year of Kicell ~野音でキセル 2019〜』に向けて、確実に盛り上がりを見せております! mei eharaも新作に向けて着々と準備しております!こちらもご期待ください!

『The Blue Hour』(12インチレコード)
品番:KAKU-99
発売日:2019年7月30日(火)
価格:3,000円(税別)
ダブルジャケット仕様

[収録内容]
SIDE A
1 富士と夕闇
2 君を待つあいだに
3 山をくだる
4 二度も死ねない
5 うしろから来る

SIDE B
1 来てけつかるべき新世界
2 明日、船は出る
3 一回お休み
4 きざす
5 ひとつだけ変えた

『Sway』(12インチレコード)
品番:KAKU-98
発売日:2019年7月30日(火)
価格:3,000円(税別)

[収録内容]
SIDE A
1 戻らない
2 狂った手
3 サイン
4 蓋なしの彼
5 頬杖

SIDE B
1 道路
2 地味な色
3 毎朝
4 街の様子
5 冴える


キセル、カクバリズム移籍後のベストアルバム 『Kicell’s Best 2008-2019』がリリース決定!

2019.07.09

キセル

結成20周年を迎えたキセルのカクバリズム移籍後の2008年以降の楽曲から選曲した、ベストアルバム『Kicell’s Best 2008-2019』のリリースが8月21日(水)に決定しました!

Disc1はカクバリズム移籍後の2008年以降のアルバム『magic hour』『凪』『明るい幻』『The Blue Hour』などから選曲した全12曲を収録。Disc2にはビクター時代も含む過去曲を、リアレンジし録り直したテイク、6曲を収録した2枚組のベストアルバムです!

9月16日(月・祝)に行われる、『20th anniversary year of Kicell ~野音でキセル 2019〜』に向けて、現在のキセルを知る上で欠かせないベスト盤になっております!野音のチケットは絶賛発売中です!お見逃しなくでお願いします!

辻村豪文コメント
キセル結成20周年を迎えるにあたって、この度ベスト盤を出すことと相成りました。「若くて有望なミュージシャンがどんどん出て来る中、まだ聴いてもらったことのない人に向けて少しでも間口を広げたい」という角張くんからの提案にありがたく納得しつつ、せっかくの機会なのでライブをやりながらここ10年くらいでアレンジの変わったのを何曲か再録してみたい、という我儘叶って2枚組でのリリースになります。
内容はカクバリズムからの4枚のアルバムの内から選曲してまとめたものと、ビクター在籍時からやり続けてる曲を中心に新しく録り直したもので、再録の方は改ってキセルの原点回帰という訳でもないですが、全曲四畳半宅録です。
なので、何となくDisc1の方は「はじめまして。」、Disc2は「いつもありがとうございます。」という心持ちで作業してました。
初めて聴いてくれる方も勿論ですが、普段からでも時折でもあの頃はでも、キセルのことを心の何処かに留めて置いてくれる人たちに楽しんでもらえたなら、何より幸いに思う次第です。
20年やっても相変わらず不束な兄弟バンドですが、これからも何とぞよろしくお願いします。

辻村友晴コメント
「20年兄弟でよくやってこれたなぁ〜」より、「兄弟やしやってこれたなぁ〜」感が強いです。
意見が正反対だったり、面倒と思う事は沢山あるんですが、最近はそういう面倒なところに新しい答えや、見えてなかった風景があったりするんじゃないかと思い、これからもまだやっていけそうな気がします。笑
兄弟で音楽は郷愁が大事やねという話しをした事があります。(確か…)
その郷愁の共有の濃さがキセルの強みなんじゃないかなと思っています。
新しいアイデアは体内フィルターをいい具合に通った音じゃないと嘘っぽくて座りが悪く、兄弟間ですぐにバレます。(特に兄さんが厳しい)
そうやってアイデアと郷愁とを行ったり来たりしながら、ふるい にかけて「面白いね」と言われるものを作ってきましたし、そうあり続けられるよう頑張っていきたいです。それには面倒な事が鍵っぽいです。
ふ〜面倒やな。
最後に。
キセルを聴いてくれている方々には感謝の言葉しかありません。
それとこんな僕らと活動を共にしてくれているカクバリズムのみんなやスタッフの方々。
キセルの遅さに耐え、受け入れてくれる度量の深さに感謝です。。
出会えて本当に良かった。
あとはやっぱり両親のおかげです。。
この先、世の中がどうなるか分かりませんが、自分たちの出来る事を見極めて色々発信していきたいと思いますのでこれからもどうぞよろしくお願いします。

『Kicell’s Best 2008-2019』
品番:DDCK-1062
発売日:2019年8月21日(水)
価格:3,200円(税別)
収録内容:
disc1
1.くちなしの丘
2.ビューティフル デイ
3.富士と夕闇
4.覚めないの
5.山をくだる
6.夜の名前
7.君の犬
8.一回おやすみ
9.夕凪
10.時をはなれて
11.ひとつだけ変えた
12.マジックアワー

disc2
1.ピクニック
2.柔らかな丘
3.エノラゲイ
4.ナツヤスミ
5.ギンヤンマ
6.春の背中

アー写も新しくなりました!写真は平野太呂さん!




FUJI ROCK FESTIVAL ’19、Hei TanakaとShohei Takagi Parallela Botanicaが出演決定!

2019.05.31

キセル,cero,スカート,思い出野郎Aチーム,Hei Tanaka

『FUJI ROCK FESTIVAL ’19』に、Hei Tanakaが苗場食堂、cero高城のソロプロジェクト、Shohei Takagi Parallela BotanicaがGypsy Avalonへの出演が決定です!
すでに発表になっているキセル、思い出野郎AチームはFIELD OF HEAVEN、スカートはRED MARQUEEに出演!
カクバリズムから3日間で5アーティストも出演!嬉しいですね!
言わずもがな最高のフェスですので、是非!!!!

https://www.fujirockfestival.com/artist/





12345