NEWS

在日ファンクのNews








在日ファンク ギター・仰木亮彦 脱退前最後の音源『バイプレイヤー』が 3月22日(金)配信リリース決定!

2024.03.19

在日ファンク

4月20日(土)に鶯谷・ダンスホール新世紀にて行われるライブで、ギターの仰木亮彦が脱退することになる在日ファンクですが、
仰木が参加した最後の音源『バイプレイヤー』を3月22日(金)にデジタルシングルでリリースすることが決定しました!

以下『バイプレイヤー』に関して浜野からのコメントです。

—————————————

大好きなジェームス・ブラウンのワンマン感、独裁感に憧れているのだけど実際の自分たちのバンドは民主主義がいいと思っていたりするし、何より彼を立てつつ脇を固めるクセすごプレイヤーたちの方が好物だったりする。
人生やってて、その時々で脇役だったり、主役の気分になれたりする。でも主役の気分になれる瞬間が誰か一定の属性の人たちだけに偏ってるのだとしたら、それってとても寂しい世の中だと思う。主役の座を率先して譲ることも大事だよね。
むしろ脇役の時の方がその人の度量や技量、深みが試されたりする。そして脇役でも尊重され脇役のパターンが多様なほうが素敵な世の中だよなぁなんてそんなことを思いながら自分に向けて作りました。
聴いてください『バイプレイヤー』。

浜野謙太(在日ファンク)

—————————————

4月20日(土) 「仰木亮彦脱退ライブ 〜ありがとうオオギナ!卒業&レスポンス〜」 at 鶯谷 ダンスホール新世紀 は、すでにチケットSOLD OUTになりましたが、『バイプレイヤー』是非お聴きいただきたいです!

【RELEASE INFO】
在日ファンク『バイプレイヤー』
品番:KAKU-198
発売日:3月22日(金)
形式:Digital Single
配信リンク:https://kakubarhythm.lnk.to/byplayer

作詞:浜野謙太
作曲:浜野謙太、仰木亮彦

在日ファンク
浜野謙太: Vocal, Chorus
仰木亮彦: Electric Guitar
村上啓太: Electric Bass
永田真毅: Drums
ジェントル久保田: Trombone
橋本剛秀: Alto Sax
村上基: Trumpet

Arranged & Produced by 在日ファンク

Recorded & Mixed by 山内”Dr.”隆義 @ Sound inn Studio

Mastered by 木村健太郎 @ kimken studio

Designed by Masataka Yamazaki


在日ファンク・仰木亮彦(Gt)脱退のお知らせ

2024.02.07

在日ファンク

いつも在日ファンクを応援していただき誠にありがとうございます。

バンド結成から約17年間にわたって活動を共にしてきたギターの仰木亮彦が、2024年4月20日(土)に鶯谷・ダンスホール新世紀にて開催する「仰木亮彦脱退ライブ 〜ありがとうオオギナ!卒業&レスポンス〜」をもって脱退することとなりました。

仰木と、メンバーを代表して浜野のコメントを以下に掲載いたします。

今後も在日ファンク、仰木亮彦の活動を応援していただけますと幸いです。

みなみなみな…さんさんさん…

私、仰木亮彦はこの度2024年4月20日のライブをもって在日ファンクを脱退することになりました。

赤いタンクトップを着て極寒の立石でアー写撮影をした当初、こんなに長い間みんなと一緒にバンドをやっているとは想像していませんでした。

2007年からスタートして今年で17年。今となっては在日ファンクが自分にとっては”実家”みたいな存在になっていることに気付きます。

本当に沢山の思い出があるし、活動を通じて面白い経験をさせて頂き感謝しています。

しかしながらこれから先の事を考えた結果、そろそろ自身としての新しい旅に出ないといけないという思いが強くなり今回バンドを離れる決断に至りました。

もちろんこれからも音楽を続けていくので引き続き応援頂けたら嬉しいです。

そして在日ファンクの事も引き続き何卒宜しくお願いします!

今まで各地でバンドを応援してくれた皆さん。メンバーや関わってくれたスタッフの皆さん。本当にありがとうございました!!


仰木亮彦

オオギナ(仰木亮彦の在日ファンク内での愛称)のサウンドって柔らかく暖かく、いつも流れを大きく捉えていた。それは彼の人格そのものから来ていて、時に反発し合うメンバーもオオギナが入ると誰も文句が言えない赤ちゃんに向かい合ったように「オオギナがそういうなら良いか」と和やかになったことが何度もある。
だからこそ彼が担当する「京都&レスポンス」というフリースタイル風レスポンス芸はオーディエンスにもメンバーにも幸せを振りまいた。
彼の作る曲はいつも雄大で、愛に溢れていた。
僕らはどこかでその愛や大きさに守られていたのかもしれない。
在日ファンクはオオギナに包まれていた。
いやだな、この温かいお布団から出たくないな。
でも僕ら在日ファンクは脱退後にようやく、本当の彼をちゃんと見つめられるようになるのかもしれない。
だから甘えていた分、これからはめいっぱい応援しようと思う。
そして彼に対して精一杯の感謝を伝えたい。

オオギナ!今まで本当にありがとう!


浜野謙太

2024年4月20日(土)
『仰木亮彦脱退ライブ 〜ありがとうオオギナ!卒業&レスポンス〜』
東京・鶯谷 ダンスホール新世紀

OPEN / START
16:45 / 17:30

LIVE
在日ファンク

TICKET
前売 ¥5,000(スタンディング、整理番号あり)
※未就学児童入場不可(小学生以上チケット必要)

《在日ファンク オフィシャルサイト先行》
受付期間:2/7(水)19:00~2/13(火)23:59
受付URL:https://eplus.jp/zainichifunk-of/
枚数制限:お1人様2枚まで
当落発表・入金期間:2/15(木)13:00~2/17(土)21:00
発券開始日:3/16(土)~

3/16(土)よりチケット一般発売開始
チケットぴあ
イープラス

INFO
VINTAGE ROCK std. : 03-5787-5350 (平日12:00~17:00)

主催:VINTAGE ROCK std.
企画制作:カクバリズム/VINTAGE ROCK std.




映画「女優は泣かない」主題歌 、在日ファンク「注意 feat.橋本絵莉子」がデジタルシングルとして12月1日(金)リリース決定!

2023.11.17

カクバリズム,在日ファンク

12月1日公開の映画「女優は泣かない」(主演:蓮佛美沙子、監督:有働佳史)の主題歌、
在日ファンク「注意 feat.橋本絵莉子」が、映画の全国公開日と同じ12月1日(金)にデジタルシングルとしてリリースが決定しました!

元々はアルバム『在ライフ』のために制作していた楽曲ですが、監督の熱い要望により主題歌に決定。
そしてチャットモンチー時代から交流はあったものの、音源としては初共演となる橋本絵莉子さんにVoとして入っていただくことでこの曲が完成しました。

REC&MIXは『在ライフ』収録「今から本気」「クーポン」「いつもどおり」の山内”Dr.”隆義さん。
マスタリングは木村健太郎さん、ジャケットデザインはMasataka Yamazakiさんです。

配信でお聴きいただくのははもちろん、是非劇場にもお越しください。

映画「女優は泣かない」公式サイト
https://www.joyuwanakanai.com/

【RELEASE INFO】
在日ファンク『注意 feat.橋本絵莉子』
品番:KAKU-190
発売日:12月1日(金)
形式:Digital Single
配信リンク:https://kakubarhythm.lnk.to/Chui

作詞:浜野謙太、橋本剛秀
作曲:橋本剛秀、浜野謙太、仰木亮彦

浜野謙太: Vocal, Chorus
仰木亮彦: Electric Guitar
村上啓太: Electric Bass
永田真毅: Drums
ジェントル久保田: Trombone
橋本剛秀: Alto Sax
村上基: Trumpet

橋本絵莉子: Vocal, Chorus

Arranged & Produced by 在日ファンク

Recorded & Mixed by 山内”Dr.”隆義 @ Sound inn Studio, STUDIO ARNEST

Mastered by 木村健太郎 @ kimken studio

Designed by Masataka Yamazaki