NEWS

その他のNews


カクバリズムの夏祭り!今年ももうすぐ!8月26日はリキッドルームに集合!

2018.08.20

カクバリズム,MU-STARS,浜野謙太,VIDEOTAPEMUSIC,スカート,在日ファンク,mei ehara,その他

毎年8月にリキッドルームの周年イベントの一環として開催されている・・・カクバリズムの夏祭り!!!!今年も盛大にやりますよ!!!なにせもう今週日曜日・・・!8月26日という忙しい時期ってのはもう十分承知!イベントが被りに被っているってのも十分理解しております!!!しかしこちらも盛りだくさんの夏祭りをご用意しております!!!!

今年もドブソン!RUMINZさんはいつも最高です!

ーーーーーーーーー

”KAKUBARHYTHM SUMMER PARTY”

VIDEOTAPEMUSIC / Hei Tanaka / mei ehara / 在日ファンク / スカート(弾き語り) / 藤井洋平 & The VERY Sensitive Cit izens Of TOKYO/ Cairophenomenons / すばらしか / Wool & The Pants / ZOMBIE-CHANG / And Summer Club / andmore!

DJ
DISCO MAKAPU’U[川辺ヒロシ&サイトウ”JxJx”ジュン] / 荒内佑 / サモハンキンポー / 本秀康 / 松永良平 / 角張渉

オフィシャルブートレグ屋台→Special Program!!!
NEW co.[大原大次郎&吉澤”モーリス”成友]
※当日角張渉の著書「衣食住音」の購入者にNEW coによるペインティングあり!

FOOD
・kokiliko(豆乳鶏そば)
・Bird (冷汁)
・YUM CUP CAKES(アイシングクッキー)
・妄想インドカレー ネグラ (カレー)
・朝亭おそい(・赤だしの冷汁/だし巻き卵サンド /赤味噌ときゅうりの浅漬け)

<赤ちゃんスペースあり!(授乳、オムツ交換場所、ベビーカー置きなど)>

OPEN / START
14:00〜

TICKET
前売券:¥4,000[税込・1ドリンク代(¥500)別途]

■前売券取扱箇所(8/11~発売)
チケットぴあ [125-428] 
ローソンチケット [71825]
e+
ディスクユニオン(お茶の水駅前店/新宿BF日本のロック・インディーズ館/下北沢店/吉祥寺店/渋谷中古センター/池袋店)、LIQUIDROOM

INFO
恵比寿LIQUIDROOM : 03-5464-0800
https://www.liquidroom.net/schedule/lr14_kakubarhythm_20180826

ーーーーーーーーー

出演バンド、DJ、food、PAINTINGなど盛りだくさん!!!大原くんとモーリスによるNEW Coもこの日に特別なことかますみたいですよ!僕の本にも書いてくれるみたいなので、この機会にぜひ購入をば笑。

そして出演バンドも大充実。初めてお呼びするバンドの皆さんもめちゃくちゃかっこいいので、事前にサンクラ、Youtubeでチェックしてもらえたらさらに嬉しいです!

FOODもまさかの5店舗笑!いいぞ〜〜!多種多様な味が楽しめるので絶対全部食べてください!

夏祭りということで、昼から晩までゆっくりゆらゆら揺れて踊ってもらえたら最高です!逃げ場っていうか休める場所もあるし、正直ゆとりある感じになると思うので笑、ぜひとも遊びに来てください〜〜!!!!!



バナナマンLIVEのテーマを今年も「オルケスタ “バナナ・ゼロ” ムジカ」担当!

2018.07.26

その他

8月2日〜5日に俳優座劇場にて行われるバナナマンさんの単独LIVE、
『bananaman live 2018 one-half rhapsody』のテーマ曲を、
3年連続で、今年も「オルケスタ “バナナ・ゼロ” ムジカ」で担当させて頂いてます!

http://com.horipro.co.jp/news/bana-2018.html

「バナナ♪ゼロミュージック」は終わってしまいましたが、
番組終わってもこうやってオファーを頂いて、みんなで演奏出来て嬉しいです!

行かれる方は是非気にしてみてください!

———————————————

楽曲タイトル:
「Theme of “one-half rhapsody”」

作曲:
サイトウ “JxJx” ジュン/ヨシザワ “MAURICE” マサトモ

演奏:
オルケスタ “バナナ・ゼロ” ムジカ

サイトウ “JxJx” ジュン (Org)
ヨシザワ “MAURICE” マサトモ (Gt)
村田シゲ (Ba)
恒岡章 (Dr)
冨田謙 (Pf)
松井泉 (Per)
村上基 (Tp)
後関好宏 (Sax)
ジェントル久保田 (Tb)

———————————————







嬉しい春のお知らせ!Hei Tanakaカクバリズムより7インチリリース決定!!

2018.04.02

カクバリズム,その他

2011年の12月26日の渋谷AXのライブを持ってSAKEROCKを脱退する馨君が最後のステージで歌ったのは「時代遅れの男」だったんだけど笑、その後もずっとゆるやかに交流していて、自分としてはめちゃくちゃ仲の良い友達であり、意思疎通もしっかりと思っているんだけど(笑・下の馨君のコメント読んでからこちらに戻ってみてきてください笑)、2015年のSAKEROCK解散ライブで戻ってきてくれてた時の嬉しさって本当にとてつもなかったんだけど、今回はその嬉しさと同じくらい嬉しい春のお知らせですよ!!!!!Hei Tanaka、カクバリズムより7インチをリリース決定です!!!

Hei Tanakaの新曲を聞ける喜び。これがまた最高・・・!!!馨君の自然児的な部分とエレガントな部分、そして深く深く音楽を掘って言ったら、地球の反対側に出ちゃって「あれ?まぁいっか」って感じで踊ってしまうような・・・・。非常にインテリジェンスがありながら、ラフでタフ!!!ひねりひねっているけど、めちゃめちゃポップ!そりゃあのバンドメンバーだしなって納得のサウンドです!!!全員顔が最高!

是非とも7インチで爆音で聞いてほしい2曲。何せ蓮実さんのカヴァーまで・・・・。

馨君の新曲をカクバリズムからリリースさせてもらえる2018年。さぁはじまりますよ!!

というわけでみなさんには落ち着いてもらって下記をしっかり読んでください!
ーーーーーーーーー

2012年に活動をスタートし、2016年に現体制となった田中馨が率いるトンデモバンドHei Tanaka。彼らのライブパフォーマンスは、観た人すべてを困惑させ、虜にさせ続けてきました。

これまで、滞空時間、ダスティン・ウォン、小鳥美術館、あふりらんぽとのスプリットカセットをリリースしてきた彼らの、初の7インチシングルが、満を持してカクバリズムからリリースです!!

表題曲の「やみよのさくせい」は、岡山のバンド、ロンリーが、Hei Tanakaを呼んだイベントから生まれた楽曲で、これぞ田中馨、これぞHei Tanakaと呼べる名曲です。ストレンジに絡まる全員の音と、ギリギリのバランスがエモーショナルを生む田中のボーカル、聴いているだけで息切れしそうなアレンジによって独特な仕上がりになっています。

B面には昨年惜しくもこの世を去ってしまった蓮実重臣さんのユニット、Pacific231の楽曲「SORA NO KOTOZUTE」のカバーが収録されます。Hei Tanakaらしいヘンテコなアレンジで、愛が溢れるカバーとなっています。

どちらの楽曲も、Hei Tanakaの唯一無二のライブ感がパッケージされた素晴らしい作品となりました!

そしてリリースに際し、田中馨よりメッセージが届いていますので、まずはこちらをご覧ください!

田中馨からのメッセージ

第1章

やめて はじめて
はじめて やめる

Hei Tanaka
何か自分の音楽やった方が良いっすよ
と、僕にけしかけた仲原達彦が
カクバリズムに入った。

奇しくも
台湾の大好きなレコード屋「2manyminds」のSpykeeが店を閉めて、月見ル君想フに入った。

「持久力を持って続けられるかが問題」と、僕の「今はテレビを作る時代ですよ。カクバリズムTV作りましょう!」
という、ジョークに角張さんは真面目に答えてくれた。

久々に、リリースに向けて打ち合わせを重ねたが、会社だから的な事をいくつか言われ
早口も相まって八割、何言っているのか分からなかった。

僕は頭が悪い。
ついでに言うと、目も節穴だ。
15年前、角張さんの印象は
僕が中学生の時、渋谷、宮下公園横の交差点でカツアゲされた兄ちゃんの様にボディータッチ多めで、
決して信じてはいけない類の人だと思っていた。

頭の悪い目が節穴の末っ子と
今や、音楽シーンにその名を轟かす
インディーズレーベルの社長(末っ子)とでは
今後、うまく行くのか非常に心配だ。

奇しくも
亀田興毅氏がプロボクサーに復帰した。
「華々しくデビューしてきた亀田興毅というボクサーを、華々しい舞台で終らるせんや!」
と、言っていた。

「Hei Tanakaはどうなりたいの?」
と、わかる言葉で語ってくれた角張さんの言葉。
Hei Tanakaを初める時に所信表明なるものを書いた。
(※参照 http://heitanaka.tanaka-kei.com/rettou/
冒頭でアメーバの話をした。
今だって変わらずアメーバだ。

奇しくも
中学生球児が、始球式にきたアイドルに群がっていた。

「馨くんのソロを楽しみにしているんだ」
ベットの上から、ずっと言い続けてくれた人がいた。
お見舞いに行くと、ずっと僕のことを褒めてくれた。
褒められ慣れてないのと、弱っている事があからさまに分かる大好きな友人という現実の前で
居心地の悪さを感じている自分を恥じた。

今回の作品は、Pacific231 蓮実重臣さん 
偉大な音楽家の曲をカバーさせてもらいました。
やはり偉大で、とても原曲の素晴らしさを組みきれない不甲斐なさもあります。
ですが、不甲斐ない今の私達。
しっかり録音できたことを本当に嬉しく思います。

きっと、蓮実さんは褒めてくれると思うんだよなぁ。

奇しくも
カクバリズムで、7inchレコードを出す事になった。

全ての人に感謝です。

**************

第2章

Hei Tanakaは仲原達彦にけしかけられた。
彼とは、彼が大学生の時からの付き合いで
大学生に「やるべきだ!」と、強めの口調で言われた事が楽しかった。
人は誰かに「やるべきだ!」と言われるの待ちな所がある。
待ってた所にやって来た大学生に、僕は乗った。

その時は「ソロを」という話だったが
僕は、池田俊彦とシャンソンシゲルを誘った。
絵を描くドラマーが2人と、とにかく機材が多い田中が1人のバンドだった。
その時点で彼の思惑とは違ったのかもしれないが
社会人になった彼に「いつか責任取ってもらうからね」と、強めの口調で言うのが楽しかった。
人は誰かに「いつか責任取ってもらうからね」と言われるの待ちな所がある。
か、どうかは分からないが
彼は、僕の目測では2割くらいの力で「はい」と言った。
そしてHei Tanakaは静かにフェードアウトしていった。

静かにフェードアウトした物を、再び立ち上げるには大きな動機が必要だ。
僕は「でかい」「早い」「エロい」など、中学生っぽい動機の引き出しを探した。

そして

田中馨 ベース
池田俊彦 ドラム
牧野容也 ギター
サトゥー サックス
あだち麗三郎 サックス
黒須遊 サックス

そう
これが導き出した動機。

「サックスが一杯」

思ってたより一杯ではなく、3人だ。
しかし、その3人は一杯サックスを吹いている。

割と新しくできたサックスという楽器の、割と都会的な胴体の中を一杯息が通る。
一杯一杯一杯息を入れたその先に漏れ出た息。そこをキャッチできたならば。
それを「キャッチ・アンド・サックス」と呼ぶ事にしよう。

そして、彼らはとうとう「キャッチ・アンド・サックス」をした。

その日は岡山のロンリーというバンドに呼んでもらった
「やみよのさくせい」というイベントだった。

頭で考えた挑戦を、気分が超えた。
それを言葉にするなら「やみよのさくせい」と言いたい気分だった。

僕は次の作品で歌ってみたくなった。

これはサクセスストーリーであって、何もサクセさないストーリー。
しかもサックスによってだ!!!

っていう感じのプロローグで始まる第2章はどうだろ? って聞こう。
彼は、僕の予測では8割くらいの力で的確なダメ出しをして来るんじゃないかと思う。
全く、仕事ができる男だ。

なぜなら、僕達は第2章の話じゃなく
「Hei Tanaka / やみよのさくせい」 5月2日 カクバリズムからリリース!!!
と言う事が言いたいのだから。

2018.04.02 田中馨

商品詳細はこちら

Hei Tanaka
7inch Single『やみよのさくせい』

発売日:2018.05.02 イベント先行販売/ 一般発売5月11日予定
税抜価格:¥900
品番:KAKU-89
レーベル:カクバリズム

SIDE A
やみよのさくせい

SIDE B
SORA NO KOTOZUTE

そして、7インチのリリースを記念したイベント「Hei祭り」が、発売日の5月2日に渋谷WWWで開催決定です!長年、田中馨がベースでサポートしているトクマルシューゴを迎えた最高の2マンイベントですよ〜。

さらに、イベント後にはアフターパーティーも渋谷のDJ BAR ROOTSで開催!。こちらには田中がレギュラーで参加しているDJイベント、DISCO the Q の面々と、ロンリーのはまいしんたろうがソロライブで参加します!

『Hei Tanaka presents Hei祭りVol.2』
2018年5月2日(水)
会場:渋谷WWW
開場18:30/開演19:00
出演:Hei Tanaka / トクマルシューゴ
前売3000円 / 当日3800円 (1D代別)
チケット発売日:4月10日(火)〜 *各プレイガイドにて

アフターパーティー
『DISCO the Q Vol.5 “HEI祭り アフターパーティー” 』
2018年5月2日(水)
会場:DJ BAR ROOTS
開場&開演22:30〜
CHARGE:1000円(1D付)

DJ
DISCO the Q
・森田文哉 (TURN ON / Noahlewis’ Mahlon Taits)
・田中馨 (HeiTanaka / ショピン)
・北里彰久 (Alfred Beach Sandal)
・潮田雄一
and
・DJ Hei Tanaka

Live
はまいしんたろう (ロンリー)

Hei Tanaka Official Site
http://heitanaka.tanaka-kei.com/




12