NEWS

ceroのNews

cero 初の香港公演を含むアジアツアーの開催が決定!

2018.08.01

cero

cero初の香港公演を含む韓国、台湾、香港の3都市を廻るアジアツアーが決定しました!
以降で予定している中国4都市を廻るツアーの追加日程、詳細は後日アナウンスを予定しておりますので楽しみにしていて下さい!


TOUR INFO
CERO “POLY LIFE MULTI SOUL” ASIA TOUR 2018

– KOREA –
9月15日(土) ソウル(Seoul)@弘大 SangSang Madang Live Hall
LIVE CLUB DAY presents ASIAN POP STAGE
“cero & Yun Seokcheol Trio”
出演:cero / Yun Seokcheol Trio
前売 44,000won 当日 55,000won
TICKET:http://ticket.interpark.com/
INFO:LIVE CLUB DAY

– TAIWAN –
9月16日(日) 台北(Taipei)@The Wall
開場 19:30 開演 20:00
出演:cero
前売 1,200NTD 前売(ペア) 1,000NTD 当日 1,500NTD
TICKET:https://kktix.com/
INFO:Romantic Office Taiwan

– HONGKONG –
9月18日(火) 香港(Hongkong)@Y Studio, Youth Square
開場 20:00 開演 20:30
出演:cero
前売(店舗) HKD$350 前売(オンライン) HKD$360 当日 HKD$400
TICKET:https://www.facebook.com/events/256596911788638/
INFO:White Noise Records


明日からいよいよFUJIROCK2018. cero、mei ehara、DISCO MAKAPU’Uが出演!俄然燃えていきます!

2018.07.26

カクバリズム,cero,mei ehara

早いもので、昨年のFUJIROCKから1年・・・。昨年は3日目の最終(4日目の朝)にYOUR SONG IS GOODが登場し、FUJIROCKを文字通り締めさせてもらいましたが、今年もガツンと我々参戦させてもらいます!まずは昨年出したアルバム”Sway”が各地で大絶賛を受けたmei ehara。カクバリズムとしても久しぶりの新人ですが、新人とは思えないクオリティーを炸裂させてくれてまして、もう全部伸び代!一回一回のライブでの成長がとつてもないってやつです。そんなmeiちゃんがFUJIROCK初出演。明日金曜日木道亭にて14時30分からです!みんな絶対見に来てね!!!!初めてのFUJIROCKってのは2度と無いし、あの木道亭の森林の中で伸びやかに響くmeiちゃんの歌声、めちゃくちゃ気持ちいいはずです!乾杯しましょう!

日曜日の14時半よりDISCO MAKAPU’Uが登場!場所はFUJIROCKの会場内で1、2位を争うくらい気持ちの良いゾーン、DAY DREAMING.ドラゴンドラ(最高!)でどんぶらこっこ〜どんぶらこっこ〜と運ばれて到着するとそこは「わ〜お!わ〜お!」と声出ちゃう高原!そこで鳴らされるダンスミュージックの数々は行ったことある人ならわかるでしょう!最高ってこと!14時半からDISCO MAKAPU’Uが踊りに踊らせてくれると思うので、一度は行こうDAY DREAMING!

そして・・・最終日日曜日のWHITE STAGEの20時20分よりceroが登場。WHITE STAGEの日本人としてはヘッドライナーになりますね・・・。これはカクバリズム史上初だし、もうなんというかこの抜擢には100%答えるライブをかますだろうし、夜のWHITE STAGEで今ツアーで鍛えに鍛えたceroのライブを見せれるってのも本当に最高だし、もう多分これも2度とないFUJIROCK2018。次いつになるかわからないし、このタイミングでしか見せれないライブもあります。本当にみんなに見て欲しいって切に思います。YOUTUBE配信もされますが、現地に行く皆さん全員集合です。2011年のルーキー、2012年のヘブン、2015年のWHITE、2016年のレッドマーキーといつでもFUJIROCKでも最高のライブをかましているんだけど、特に2015年のWHITE STAGEのあの伝説か!ってばりに最高だったライブを今回は超えてくると思います。現に先月のZEPP DIVER CITYでのツアーファイナルがもうほんと堪らないくらい最高だったので・・・。全員集合!僕らだってDirty Projecter見たいけど(笑)、こちらも「迷ったけど、cero見に来て本当によかった」と思わせる素晴らしいライブをWHITE STAGEでかましますよ!!!!!平成最後のFUJIROCK!夜のWHITE STAGEでのcero・・・すでに想像しただけで異様に盛り上がってます!


cero presents ’’Traffic’’ 第2弾出演者発表!

2018.07.20

カクバリズム,cero

今年で3回目の開催となる8/12(日・祝)新木場STUDIO COASTで開催のcero主催イベント「Traffic」出演者第2弾発表です!今回の第2弾でLIVE ACTとしてYOSSY LITTLE NOISE WEAVER、DJ ACTとしてVIDEOTAPEMUSIC, G.RINA, マイケルJフォクスの出演が決定しました。LIVE ACT全5組、DJ5組のceroがヤバいと思うラインナップが出揃いました!

第2弾解禁に併せてイベントの特設ページもオープンしました。各種情報がそこでチェックできます。

Traffic特設ページ

FOOD / DRINKの提供メニュー、TIME TABLEは後日発表となります。チケットは絶賛発売中!是非ともチケットはお早めにお買い求めください!


cero presents “Traffic”
8月12日(日・祝) 新木場STUDIO COAST

OPEN 13:00 / START 14:00

チケット代 ¥5,200(D代別/税込み)
※3以下のお子様は保護者1名につき、お子様1名まで入場無料、4歳以上はチケットが必要

下記プレイガイドにてチケット発売中!

ぴあ(P:121-438)
ローソン (L:72265)
e+
楽天チケット(http://r-t.jp/cero)
岩盤

LIVE
cero / PUNPEE / SPANK HAPPY / Ahh! Folly Jet / YOSSY LITTLE NOISE WEAVER

DJ
SLOWMOTION(MOODMAN,MINODA,SPORTS-KOIDE)
DISCO MAKAPU’U(川辺ヒロシ, サイトウ”JxJx”ジュン)
VIDEOTAPEMUSIC
G.RINA
マイケルJフォクス

FOOD / DRINK
Roji(阿佐ヶ谷) / えるえふる(新代田) / ヤンガオ(名古屋)

INFO
HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
SMASH 03-3444-6751

PUNPEE

06年Libra主催【UMB】東京代表。トラックメイカーとしてもRhymester、Seeda、TOWA TEI、tofubeats、後藤正文等、Hip Hopアーティストを中心にトラック、REMIXを提供。2009年Akai主催によるサンプラー・バトル【MPC Gold Fingaz Kitchen】優勝など、良い言い方だと幅広く活躍中、悪い言い方だと何だかよくわからなく活動中。
自身のグループPSGでの1stアルバム『David』の発表や、グループとしてFUJI ROCK FESなどの出演、曽我部恵一との共作、block.fm主催のradio program「Mixxed bizness」の展開やRedbullのTVCM、TBS系 水曜日のダウンタウンのOP他、断れない性格ゆえに色々活動(中)。
2012年には作品集MIX「Movie On The Sunday Anthology」が発売、PUNPEEの懐を少し潤わせた。
2016年 国内初の3D VR配信番組、宇多田ヒカル「30代はほどほど。」にDJとして出演。
2017年1月に発売される宇多田ヒカル「光 -Ray of Hope MIX-」のオフィシャルRemixを担当し、同曲はプレイステーション用ゲームソフト「Kingdom Hearts HD 2.8」全世界共通のオフィシャル・テーマソングとして起用された。
2017年7月、ソロアーティストとして、FUJI ROCK FESTIVAL’17「WHITE STAGE」に出演。
2017年10月、初のソロアルバム『MODERN TIMES』を発表し、ワンマンツアーライブ「Journey into Mystery Tour 2017」を開催。
2018年3月、SPACESHOWER MUSIC AWARD「BEST HIPHOP ARTIST」受賞、CDショップ大賞「準大賞」受賞。

しかしまぁ、大事なのは今後である。P
https://www.summit2011.net/artists-1/punpee/
———————-
SPANK HAPPY

1994年にハラミドリ、河野伸、菊地成孔の3人でデビュー、98年、菊地のみの1人ユニットとなった後、アマチュアだった岩澤瞳と2人で再デビュー、2期合わせてシングル6枚、アルバム4枚をリリースした後、2007年に活動終了。12年後の今年、OD(DC/PRG、CRCK/LCKSの小田朋美)と2人で第3期にして最終期として活動を電撃的に再開。デビューシングル「夏の天才」は、三越伊勢丹の「グローバル・グリーン・キャンペーン2018」のキャンペーンソング。
https://twitter.com/spankhappy_info?lang=ja
———————-
Ahh! Folly Jet

かつてスマーフ男組と共にしたA.D.S.のスピンオフ的な成り行きではじまった高井康生のオウンユニット。

2000年にミニアルバム「Abandoned Songs From The Limbo」Hot-Cha Records ‎– MKCL-3006
2017年にシングル「犬の日々/ 指切り」Mad Love Records – MAD-003を発売。

今期バンドセットはバックアップ・グルーヴマシーンに
午前3時のラウンジファンクバンドことCAT BOYSを招聘。
手練れのオルガントリオを軸にFunkベースのAuthentic AORを展開。
アコギ弾き語りのArhoolie SetではUrban BLUESや古い歌謡曲をプレイ。
https://r-p-m.jp/interview/ahhfollyjet
———————-
YOSSY LITTLE NOISE WEAVER

DETERMINATIONS、BUSHOFGHOSTSでの活動を経て、YOSSY(キーボード・ヴォー カル)とicchie(トランペット・トロンボーン)が2006年に始動したユニット。 2006年 EGO-WRAPPINʼの中納良恵をヴォーカルに迎え1st.album『PRECIOUSFEEL』 を発表。2007年2nd.album『WOVEN』、 2010年3rd.album『VOLCANO』をリリース。 それぞれにハナレグミ、Caravan、Mr.Childrenをはじめ様々なアーティストのサポ ートなどでも活動している。 ライブではYOSSYの個性的でドリーミーな歌声と ichieのあたたかなトランペットをフィーチャーしたオリジナルPOPサウンドを展開! 7/4に4枚目のアルバム「Sun and Rain」をリリース。
https://www.yossylnw.com/
———————-
SLOWMOTION(MOODMAN,MINODA,SPORTS-KOIDE)

90年代中ごろ、青山MANIAC LOVEにて徐々にピッチが上がっていくTECHNOやDRUM’N BASSに対し、カウンターとして開かれた遅いDEEP HOUSE/TECHNOパーティー。10年代に入ると、初期の客だったMC.sirafuが合流し、片想い、髙城晶平(cero)、VIDEOTAPEMUSIC、うつくしきひかりらを招いて、神戸旧グッゲンハイム邸、WWWなどで開催。現在は東高円寺GRASSROOTSなどで不定期開催。今年12月には4年連続となるSLOWMOTION×HOMESICKを京都METROにて開催予定。
———————-
DISCO MAKAPU’U(川辺ヒロシ, サイトウ”JxJx”ジュン)
TOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシとYOUR SONG IS GOODのサイトウ”JxJx”ジュンによる、DJユニット。

川辺ヒロシ
TOKYO No.1 SOUL SETの屋台骨を支えるトラックメイカーであり、
そのバックグラウンドに不可欠なクラブDJとしての長いキャリアの中で数多くの伝説的なパーティーのフロアを沸かせてきた。
藤原ヒロシとの”HIROSHI Ⅱ HIROSHI、クボタタケシとの
”SONS OF NICE YOUNG”(1996年)、DJ KENT(FORCE OF NATURE)、
笹沼位吉(SLY MONGOOSE)との”GALARUDE”や、
石野卓球とのユニット”InK”としても活動中。
プロデュースワークとして、小泉今日子他多数。
TV、映画音楽、CM楽曲なども手掛ける。
代表的なリミックス・ワークは勝手にしやがれ、ROSSO、ハルカリ、UA、
フィッシュマンズ、藤原ヒロシ、TEI TOWA etc.
そのどれもが必聴である。
最近では、福山雅治主演・大根仁監督映画「SCOOP!」、又吉直樹初脚本ドラマ、NHK「許さないという暴力について考えろ」(2017年12月26日放送)の劇伴音楽を担当や、道重さゆみ活動再開を飾る公演「SAYUMINGLANDOLL
~再生~」<COTTON CLUB>の楽曲プロデュース、
横山裕(関ジャニ∞)主演舞台「上を下へのジレッタ」<シアターコクーン>の音楽アレンジなど話題に尽きない。
http://kawanabehiroshi.com/


サイトウ”JxJx”ジュン (YOUR SONG IS GOOD / KAKUBARHYTHM)
オリジナルな生音ダンスミュージックを追求する7人組インストゥルメンタルバンド、YOUR SONG IS GOODのオルガン/リーダー。2017年5月に最新アルバム『Extended』をリリース。アルバムからシングルカット「On」(12inchアナログ)をJun KamodaのRemixを搭載し同年12月にリリース。2018年4月にはカクバリズム / ALOHA GOT SOUL(From Hawaii)の共同リリースで「Coast to Coast EP」を12inchとデジタルでリリース。その他外部仕事、多数。また、川辺ヒロシとの『DISCO MAKAPU’U』の始動や、ハワイのDJクルーALOHA GOT SOULを招いてのパーティ『SOUL TIME IN TOKYO』のオーガナイズ、噂のカルチャー番組『JxJxTV』(スペースシャワーTV)のVJといった動きも。1973年、東京生まれ。カクバリズム所属。その筋ではハワイ通としてもお馴染み。
http://yoursongisgood.com/
———————-
VIDEOTAPEMUSIC

地方都市のリサイクルショップや閉店したレンタルビデオショップなどで収集したVHS、実家の片隅に忘れられたホームビデオなど、古今東西さまざまなビデオテープをサンプリングして映像と音楽を同時に制作している。VHSの映像とピアニカを使ってライブをするほか、MV制作、VJ、DJ、イベントのオーガナイズなど活動は様々。MVでは盟友ceroを始め坂本慎太郎、小島麻由美、NRQなどジャンルレスに手がける。ほかにもモデル、女優の菊池亜希子のムック本「マッシュ」のCM映像、楽曲も製作。ライブにおいては、クラブシーンからインディペンデントシーンまで幅広く活動。ダンスミュージックとしての下地に、近年盛り上がりを見せつつあるムード音楽やラウンジミュージックの文脈から繰り出すポップでメロウなメロディは絶妙であり、映像のセンス含め、まさに洒脱な音楽を作り出している。昨年秋にリリースした2ndアルバム「世界各国の夜」は全国各地で大好評ロングセールス中。
2016年5月に配信限定シングル「Sultry Night Slow」(カクバリズム)リリース、7月にはceroとのコラボレーション編成の「VIDEOTAPEMUSIC×cero」としてフジロックフェスティバル出演、12月に坂本慎太郎との共作 LP「バンコクの夜」(em records)、2017年1月に7inchシングル 「Kung-Fu Mambo」(雷音レコード)リリースと引き続き精力的に活動中。
そして2017年10月、満を持して3rdアルバム「ON THE AIR」をリリース。
映像のみならず音楽との双方向でゆらゆら踊れる夜を演出する、そんな素敵な男がVIDEOTAPEMUSICである。
http://videotapemusic.tumblr.com/
———————-
G.RINA

シンガーソングビートメイカー・DJ
2015年『Lotta Love』、2017年『LIVE & LEARN』と日本語のモダンソウルを追求した作品をリリース。バンドG.RINA & Midnight Sunや、DJとして精力的にライヴや公演を行っている。2018年7月、ZEN-LA-ROCK、鎮座ドープネスと三人組ユニットFNCYとしての活動を始動。イベントに応じた多彩な選曲が持ち味ながら、昨今はディスコや広義のソウル、ヒップホップを中心としたバックトゥルーツな選曲をしている。
http://grina.info/
———————-
マイケルJフォクス(CITY OH BABY /Night Rhythm / EACH TIME)

東京生まれ渋谷系育ち・200X年未来から”Back to”の後、DJ活動を開始。現在まで東京を中心にボーダレスな活動を継続中。

グルーヴミュージックをテーマとした渋谷OTO「Night Rhythm 」、オールラウンド日本語音源パーティー代官山SALOON「EACH TIME」、思い出野郎Aチーム「ソウルピクニック」などのLiveイベント、バーラウンジでの選曲などなど、そのキャリアを通じて多種多様なパーティーに参加しつつも流行や固定されたスタイル・ジャンルに囚われない現場のツボをくすぐる独自の選盤センスに、ミュージシャンやDJ、現場を共有した音楽ファンからの信頼は厚い。先日行われた台北でのDJも現地で絶賛を受ける。

現在自身のコンセプトイベント「CITY OH BABY」を不定期で行う。


———————-
阿佐ヶ谷Roji

中央線の阿佐ヶ谷北口スターロードにオープンして12年になります。Rojiのカウンターはすべての垣根を越えて人と人がお酒と音楽と会話を楽しめる場所であったらいいなとスタッフ一同願っています。
———————-
飲み屋 えるえふる

京王井の頭線の新代田駅より徒歩2分にある、立ち飲み屋とレコードショップが一緒になったお店。「音」と「酒」から“縁”が生まれる場です。
———————-
ヤンガオ

名古屋にある小さなタイカレー食堂。
店主がタイ在住時に大好きだったタイカレーを提供しています。

名古屋市西区花の木3-13-23クレスト浄心3F
昼の部 11:30-15:00(LO14:30)
夜の部 18:00-21:00(LO20:30)
定休日 日曜日 / 月曜日
———————-


cero presents ’’Traffic’’ 第1弾出演者発表!

2018.07.13

カクバリズム,cero

今年で3回目の開催となる8/12(日・祝)新木場STUDIO COASTで開催のcero主催イベント「Traffic」出演者第1弾発表です!今回の第1弾でLIVE ACTとしてPUNPEE, SPANK HAPPY, Ahh! Folly Jet、DJ ACTとしてSLOWMOTION(MOODMAN, MINODA, SPORTS-KOIDE)、DISCO MAKAPU’U(川辺ヒロシ, サイトウ”JxJx”ジュン)の出演が決定しました。

また、フード・ドリンク出店ではcero推薦として前回前々回に続いての出店となるRoji(阿佐ヶ谷)、えるえふる(新代田)の2店舗に加えて今回ヤンガオ(名古屋)の出店も決定しております。
その他にもceroがヤバいと思う、敬愛するアーティスト、DJ、ナイスなFOOD出店など盛り沢山でお届け予定です。以降の出演者の発表もお楽しみに!チケットは絶賛発売中!是非ともチケットはお早めにお買い求めください!


cero presents “Traffic”
8月12日(日・祝) 新木場STUDIO COAST

OPEN 13:00 / START 14:00

チケット代 ¥5,200(D代別/税込み)
※3以下のお子様は保護者1名につき、お子様1名まで入場無料、4歳以上はチケットが必要

下記プレイガイドにてチケット発売中!

ぴあ(P:121-438)
ローソン (L:72265)
e+
楽天チケット(http://r-t.jp/cero)
岩盤

LIVE
cero / PUNPEE / SPANK HAPPY / Ahh! Folly Jet / and more…

DJ
SLOWMOTION(MOODMAN,MINODA,SPORTS-KOIDE)
DISCO MAKAPU’U(川辺ヒロシ, サイトウ”JxJx”ジュン)
and more…

FOOD / DRINK
Roji(阿佐ヶ谷) / えるえふる(新代田) / ヤンガオ(名古屋)

INFO
HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
SMASH 03-3444-6751

PUNPEE

06年Libra主催【UMB】東京代表。トラックメイカーとしてもRhymester、Seeda、TOWA TEI、tofubeats、後藤正文等、Hip Hopアーティストを中心にトラック、REMIXを提供。2009年Akai主催によるサンプラー・バトル【MPC Gold Fingaz Kitchen】優勝など、良い言い方だと幅広く活躍中、悪い言い方だと何だかよくわからなく活動中。
自身のグループPSGでの1stアルバム『David』の発表や、グループとしてFUJI ROCK FESなどの出演、曽我部恵一との共作、block.fm主催のradio program「Mixxed bizness」の展開やRedbullのTVCM、TBS系 水曜日のダウンタウンのOP他、断れない性格ゆえに色々活動(中)。
2012年には作品集MIX「Movie On The Sunday Anthology」が発売、PUNPEEの懐を少し潤わせた。
2016年 国内初の3D VR配信番組、宇多田ヒカル「30代はほどほど。」にDJとして出演。
2017年1月に発売される宇多田ヒカル「光 -Ray of Hope MIX-」のオフィシャルRemixを担当し、同曲はプレイステーション用ゲームソフト「Kingdom Hearts HD 2.8」全世界共通のオフィシャル・テーマソングとして起用された。
2017年7月、ソロアーティストとして、FUJI ROCK FESTIVAL’17「WHITE STAGE」に出演。
2017年10月、初のソロアルバム『MODERN TIMES』を発表し、ワンマンツアーライブ「Journey into Mystery Tour 2017」を開催。
2018年3月、SPACESHOWER MUSIC AWARD「BEST HIPHOP ARTIST」受賞、CDショップ大賞「準大賞」受賞。

しかしまぁ、大事なのは今後である。P
———————-
SPANK HAPPY

1994年にハラミドリ、河野伸、菊地成孔の3人でデビュー、98年、菊地のみの1人ユニットとなった後、アマチュアだった岩澤瞳と2人で再デビュー、2期合わせてシングル6枚、アルバム4枚をリリースした後、2007年に活動終了。12年後の今年、OD(DC/PRG、CRCK/LCKSの小田朋美)と2人で第3期にして最終期として活動を電撃的に再開。デビューシングル「夏の天才」は、三越伊勢丹の「グローバル・グリーン・キャンペーン2018」のキャンペーンソング。
———————-
Ahh! Folly Jet

かつてスマーフ男組と共にしたA.D.S.のスピンオフ的な成り行きではじまった高井康生のオウンユニット。

2000年にミニアルバム「Abandoned Songs From The Limbo」Hot-Cha Records ‎– MKCL-3006
2017年にシングル「犬の日々/ 指切り」Mad Love Records – MAD-003を発売。

今期バンドセットはバックアップ・グルーヴマシーンに
午前3時のラウンジファンクバンドことCAT BOYSを招聘。
手練れのオルガントリオを軸にFunkベースのAuthentic AORを展開。
アコギ弾き語りのArhoolie SetではUrban BLUESや古い歌謡曲をプレイ。
———————-
SLOWMOTION(MOODMAN,MINODA,SPORTS-KOIDE)

90年代中ごろ、青山MANIAC LOVEにて徐々にピッチが上がっていくTECHNOやDRUM’N BASSに対し、カウンターとして開かれた遅いDEEP HOUSE/TECHNOパーティー。10年代に入ると、初期の客だったMC.sirafuが合流し、片想い、髙城晶平(cero)、VIDEOTAPEMUSIC、うつくしきひかりらを招いて、神戸旧グッゲンハイム邸、WWWなどで開催。現在は東高円寺GRASSROOTSなどで不定期開催。今年12月には4年連続となるSLOWMOTION×HOMESICKを京都METROにて開催予定。
———————-
DISCO MAKAPU’U(川辺ヒロシ, サイトウ”JxJx”ジュン)
TOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシとYOUR SONG IS GOODのサイトウ”JxJx”ジュンによる、DJユニット。

川辺ヒロシ
TOKYO No.1 SOUL SETの屋台骨を支えるトラックメイカーであり、
そのバックグラウンドに不可欠なクラブDJとしての長いキャリアの中で数多くの伝説的なパーティーのフロアを沸かせてきた。
藤原ヒロシとの”HIROSHI Ⅱ HIROSHI、クボタタケシとの
”SONS OF NICE YOUNG”(1996年)、DJ KENT(FORCE OF NATURE)、
笹沼位吉(SLY MONGOOSE)との”GALARUDE”や、
石野卓球とのユニット”InK”としても活動中。
プロデュースワークとして、小泉今日子他多数。
TV、映画音楽、CM楽曲なども手掛ける。
代表的なリミックス・ワークは勝手にしやがれ、ROSSO、ハルカリ、UA、
フィッシュマンズ、藤原ヒロシ、TEI TOWA etc.
そのどれもが必聴である。
最近では、福山雅治主演・大根仁監督映画「SCOOP!」、又吉直樹初脚本ドラマ、NHK「許さないという暴力について考えろ」(2017年12月26日放送)の劇伴音楽を担当や、道重さゆみ活動再開を飾る公演「SAYUMINGLANDOLL
~再生~」<COTTON CLUB>の楽曲プロデュース、
横山裕(関ジャニ∞)主演舞台「上を下へのジレッタ」<シアターコクーン>の音楽アレンジなど話題に尽きない。


サイトウ”JxJx”ジュン (YOUR SONG IS GOOD / KAKUBARHYTHM)
オリジナルな生音ダンスミュージックを追求する7人組インストゥルメンタルバンド、YOUR SONG IS GOODのオルガン/リーダー。2017年5月に最新アルバム『Extended』をリリース。アルバムからシングルカット「On」(12inchアナログ)をJun KamodaのRemixを搭載し同年12月にリリース。2018年4月にはカクバリズム / ALOHA GOT SOUL(From Hawaii)の共同リリースで「Coast to Coast EP」を12inchとデジタルでリリース。その他外部仕事、多数。また、川辺ヒロシとの『DISCO MAKAPU’U』の始動や、ハワイのDJクルーALOHA GOT SOULを招いてのパーティ『SOUL TIME IN TOKYO』のオーガナイズ、噂のカルチャー番組『JxJxTV』(スペースシャワーTV)のVJといった動きも。1973年、東京生まれ。カクバリズム所属。その筋ではハワイ通としてもお馴染み。
———————-
阿佐ヶ谷Roji

中央線の阿佐ヶ谷北口スターロードにオープンして12年になります。Rojiのカウンターはすべての垣根を越えて人と人がお酒と音楽と会話を楽しめる場所であったらいいなとスタッフ一同願っています。
———————-
飲み屋 えるえふる

京王井の頭線の新代田駅より徒歩2分にある、立ち飲み屋とレコードショップが一緒になったお店。「音」と「酒」から“縁”が生まれる場です。
———————-
ヤンガオ

名古屋にある小さなタイカレー食堂。
店主がタイ在住時に大好きだったタイカレーを提供しています。

名古屋市西区花の木3-13-23クレスト浄心3F
昼の部 11:30-15:00(LO14:30)
夜の部 18:00-21:00(LO20:30)
定休日 日曜日 / 月曜日
———————-



本日から!『LOS APSON?×LIQUIDROOM presents T-SHIRT! THAT’S FIGHTING WORDS!!! 2018』に
ceroとVIDEOTAPEMUSICが参加!

2018.06.22

カクバリズム,cero,VIDEOTAPEMUSIC

高円寺のレコード&CD&あれこれショップLOS APSON?とLIQUIDROOMが開催する地上最強のTシャツフェア「T-SHIRT! THAT’S FIGHTING WORDS!!!」が本日より開催!
様々なブランド・アーティストが参加する本イベントに、今年はceroとVIDEOTAPEMUSICが参加します!

ceroは”POLY LIFE MULTI SOUL”ツアーでも好評を博した『PLMS Logo Tee』のLOS APSON?エクスクルーシブver。Champion 7.0ozボディを使用したヘビーかつビッグシルエットの完全に今の気分の仕様!
WHITEとBLACKの2色、それぞれ S / M / L の3サイズ展開です。

VIDEOTAPEMUSICは、6/29に渋谷WWWで開催する「SOUTHERN SCREEN -南国電影-」のフライヤービジュアル、ベルギーのフォトグラファーBruno V. Roelsさんの写真を使用した一枚。デザインは牧寿次朗氏。
ボディカラーはWHITE、 S / M / L / XL の4サイズ展開です。

毎年これがくると、もうすぐ夏が来るのだな実感するイベント。
Tシャツを制するものは夏を制する?気分で足を運べる方はぜひご来場の上お手にとってご覧下さい!


『LOS APSON?×LIQUIDROOM presents
T-SHIRT! THAT’S FIGHTING WORDS!!!』

2018.6.22(fri)- 24(sun)

at KATA
東京都渋谷区東3-16-6 LIQUIDROOM 2F(*MAP)

open 3PM – close 10PM
Entrance Free!

MORE INFO
「T-SHIRT! THAT’S FIGHTING WORDS!!!」


cero presents “Traffic” 今年も開催決定!

2018.06.19

カクバリズム,cero

全12カ所、14公演に及ぶPOLY LIFE MULTI SOUL TOURが昨日のZepp DiverCityをもって無事終了しました!全国各地、ご来場頂いた皆様ありがとうございました!

東京公演の会場にて告知開始となりましたが、cero主催”Traffic”を今年も開催します。今年は8/12(日)新木場STUDIO COASTでの開催です。金曜よりオフィシャルHPチケット先行の受付が開始となります。詳細は下記。


cero presents “Traffic”
8月12日(日・祝) 新木場STUDIO COAST

OPEN 13:00 / START 14:00

チケット代 ¥5,200(D代別/税込み)
※3以下のお子様は保護者1名につき、お子様1名まで入場無料、4歳以上はチケットが必要


6/22(金)12:00~オフィシャルWebチケット先行(抽選制)受付開始!
受付URL: https://l-tike.com/st1/ticketcerotraffic
枚数制限: お1人様4枚まで抽選制
受付日程: 6/22(金)12:00~6/27(火)23:59
当落確認/入金期間: 6/29(木)15:00~7/1(日)23:00
入金者チケット引き換え期間: 7/7(土)12:00~公演日開演時間まで

チケット一般発売:7/7(土)

ぴあ(P:121-438)
ローソン (L:72265)
e+(pre:7/2(月)-7/4(水)※クレカ限定)
楽天チケット(http://r-t.jp/cero)
岩盤

LIVE
cero / and more…

INFO
HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
SMASH 03-3444-6751

追加出演者など詳細は後日発表となります。お楽しみに!



cero POLY LIFE MULTI SOULリリースツアーグッズのご紹介!

2018.05.24

カクバリズム,cero

明日広島CLUB QUATTROからスタートする「POLY LIFE MULTI SOUL」リリースツアーで販売開始の新作グッズのご紹介です。今回のグッズは公演のアルバムのアートワークを手がけてくださった北山雅和(HELP!)さんのデザインです。

PLMS Photo Tee(Photo: Jiro Konami)
BODY: AAA(サイズ表は下記をご確認下さい)
PRICE ¥3500
SIZE S / M / L / XL

アルバムジャケットにも使用している小波次郎さんの写真を使ったPhoto Tee。
首の内側にPLMS(Poly Life Multi Soulの略)ロゴとCEROロゴを反転プリントしているので、外側から透けてロゴが見えるのがポイントです。
—————————

PLMS Logo Tee
BODY: AAA
PRICE ¥3000
COLOR: WHITE / RED(CORAL) / BLUE(CELADON)
SIZE S / M / L / XL

PLMSのロゴをあしらったシンプルイズベストなTee。
初回盤A,Bのスリーブケースのカラーに合わせた絶妙なボディカラーがポイントです。
首裏にはCEROロゴ。

Tシャツサイズ表

—————————

PLMS Logo Towel
PRICE: ¥1500
COLOR: YELLOW / RED

PLMSのロゴを大胆に配置したタオル。
こちらはジャケット通常盤の黄色と初回盤Aの赤を再現した絶妙な色合いがポイントです。
—————————

PLMS Logo Tote
PRICE: ¥1500

こちらもシンプルイズベストなPLMSロゴトート。
柔らかいシーチング素材、持ち手の長さ、レコードも入る、ちょうど良いやつです。
—————————

CERO Logo Keyholder
PRICE: ¥2700
COLOR: CLEAR / GREY / RED / YELLOW
MATERIAL: acrylic / brass nickel-plated
SIZE: H 5.5cm / W 5cm / D 5mm(キーホルダーパーツ部分)

今回デザインを手がけてくださった北山雅和さんが近年手掛けている透明アクリルによる立体のタイポグラフィーのCEROロゴキーホルダー。カラーも4色展開と豊富なのでお好きな色をチョイスして下さい。こちらは各会場限定個数の販売となります。
—————————

※お使いのディスプレイ環境により色味が異なって見える場合がございます。 ご了承下さい。
※商品により若干の長さの違いが発生致します。ご了承下さい。

All products designed by Masakazu Kitayama

また、ツアー会場にてグッズ、CDをご購入のお客様には特典オリジナルステッカーをプレゼントします!
グッズ実物写真、着用イメージがないものは明日の広島CLUB QUATTRO公演当日にHP,SNSでアップ予定です。その他、従来の商品も販売予定です。グッズの先行販売に関しては各公演日にオフィシャルのSNS(Twitter, Instagram)でアナウンスさせて頂きます。

是非会場でチェックしてみて下さい!


ceroの雑誌やラジオ出演情報、特番などメディア情報がすごいことになっているので、確実にチェックお願いします!

2018.05.14

cero

先ほど明日店頭入荷のNEWSをUPしましたが、特設ページに記載しているceroのインタビューやレビューなどのメディア情報も是非ともアルバムと合わせて読んでもらうと非常にアルバムの解像度が上がると思いますので、以下鬼!な数になってますが、是非とも注目です!!!今回たくさんの取材をさせてもらいましたが、みなさんアルバムをめちゃ褒めてくれて各々面白い視点があったりで、かなり濃い取材も多数ですので、是非とも読んでください〜!

TV
5/13(日) フジテレビ「Love Music」
(24:30~25:25 放送)

5/18(金) SSTV cero「POLY LIFE MULTI SOUL」SPECIAL
ライブの模様と、メンバーへのインタビューをお届け。
(初回放送 5/18(金)23:30~24:00 リピート放送 5/21(月)22:30~、5/26(土)26:00~)

5/19(土) SSTV cero MUSIC VIDEO SPECIAL
(初回放送 5/19(土)25:00~25:30 リピート放送 5/26(土)26:30~)


RADIO

パワープレイ”魚の骨 鳥の羽根”(5/1~5/31)

InterFM「Hot Picks」(4/26~5/6)
FM長野 5月度パワープレイ
FM-NIIGATA 5月度「POWER PLAY」
東海ラジオ 5月度「RUSH HOUR」
FM山陰 5月度「ガッツマンスリープッシュ」
FMFUJI 5月度「SOUND FOREST」
cross fm 5月度「GREEN RECOMMEND」(5/16~5/31)
FM長崎 5月度「SMILE CUTS CORE」
α-station5月度「HELLO!KYOTO POWER MUSIC♪」
FMふくしま 5月度パワープレイ「プライムミュージック」
FM福井 5月度「ヘビーローテーション」
FM三重 5月度「POWER PLAY」
AIR-G’ FM北海道 5月度「POWER PLAY」
FM岩手 5月度「Reputation Cut’s」
RADIO BERRRY5月度「B-HOT!ルーキーズ」
LOVE FM「HOT SPIN」(5/14~5/20)
FM NACK5 5月度後期「パワープレイ」(5/16~5/31)

ラジオゲスト出演
4/17(火) J-WAVE「GOOD NEIGHBORS」
5/11(金) KBCラジオ「PAO~N」14時台/LOVE FM「music×selendipity」18時台/FM福岡「ハカタカランキン」19時台
5/14(月)4:00~5:00 TBSラジオ「オーディナリーミュージック」※髙城晶平選曲&コメント出演
5/14(月) FM802「BEAT EXPO」生ゲスト
5/15(火)17:30〜18:00 ZIP-FM「LACHIC CENTURY SESSION」※生ゲスト出演
5/15(火)20:25~20:50 FM福岡「TRESURE TIMES」  ※コメント出演
5/16(水)& 5/17(木) 24:05~24:30 KBCラジオ「Rジャック」※cero特番
5/16(水) Interfm「Ready Steady George!!」生ゲスト
5/16(水) Interfm特番「Night Drifter〜”POLY LIFE MULTI SOUL”発売記念スペシャル~」
5/16(水) & 5/17(木) KBCラジオ「R-ジャック」 24:05~24:30
5/18(金)20:00~20:55 FM福岡「カムカムFM福岡」 ※コメント出演
5/20(日)22:00~23:30 NHK FM「サウンドクリエイターズ・ファイル」※2週に渡りceroがパーソナリティーを担当
5/25(金) J-WAVE「JK RADIO TOKYO UNITED」(THE HIDDEN STORY)
5/27(日)22:00~23:30 NHK FM「サウンドクリエイターズ・ファイル」※2週に渡りceroがパーソナリティーを担当
6/23(土)11:30~11:55 FM福岡「SOUND PUREDIO presents 音解」※ゲスト出演
6/23(土)11:00~11:25 FM山口 「SOUND PUREDIO presents 音解」※ゲスト出演

MAGAZINE

INTERVIEW
4/19(木)発売 「ベースマガジン」※厚海義朗さんインタビュー
4/20(金)発売「CDジャーナル」 ※ceroインタビュー
4/24(火)発売「クイック・ジャパン」 ※ceroインタビュー / 裏表紙
4/24(火)発売「TVBros」 ※ceroインタビュー
4/25(木)発売「サウンド&レコディーング・マガジン」※ceroインタビュー
5/9(水)発売「サウンドデザイナー」※ceroインタビュー
5/9(水)発売「MENS JORKER」※ceroインタビュー
5/9(水)発売「FINE BOYS」 ※ceroインタビュー
5/9(水)発売「POPEYE」※髙城晶平インタビュー
5/10(木)発売「MENS NON-NO」 ※ceroインタビュー
5/10(木)発売「Hanako」※ceroインタビュー
5/15(火)発売「MUSICA」※ceroインタビュー
5/15(火)発売「ブルータス」※髙城晶平インタビュー
5/16(水)発売「an an」 ※ceroインタビュー
5/18(金)発売「MUSICA」 ※ceroインタビュー / 裏表紙
5/20(日)発売「MUSIC MAGAZINE」※ceroインタビュー / 表紙特集
5/20(日)発売「ラティーナ」※ceroインタビュー
5/20(日)発売「SWITCH」※ceroインタビュー
5/20(日)発行「FLYING POSTMAN PRESS」※ceroインタビュー
5/24(木)発売「smart」7月号 ※ceroインタビュー
5/24(木)発売「WARP」※ceroインタビュー
5/25(金)発行 「bounce」 ※ceroインタビュー
6/1(金)「EYESCREAM」 ※ceroインタビュー
6/7(水)発売「LEE」※ceroインタビュー
5/25(金)発売 「リズム&ドラム・マガジン」2018年7月号 ※光永渉さんインタビュー
5/19(土)発売 西日本新聞 ※インタビュー掲載

REVIEW
3/28(水)発行「愛知KeLLy」
4/18(水)発売「Hanako」
4/26(木)発行「岩手acute」
4/27(金)発行「山形ZERO」
4/27(金)発売「B-Pass」
5/1(火)発売「pen」
5/7(月)発売「CREA」
5/7(月)発売 「ミセス」
5/9(水)発売「 TVstation 」
5/16(水)発行「おきなわ倶楽部」5月号
5/17(木)発売「Tarzan」
5/19(金)発売「Barfout!」
5/19(土)発行「TJカゴシマ」6月号
5/20(日)発行「愛媛タウン情報まつやま」
5/24(木)発売 「UOMO」
5/28(月)発売「Oggi」
4/28(月)発売「ROCK’IN ON JAPAN」
6/7(木)発売「nina’s」
4/23発売「SPRiNG」6月号
5/7発売「inRed」6月号
5/9発売 「TVステーション」2018年11号
5/9(水)発売「POPEYE」
5/12発売「ar」6月号
5/27発売「Go!Go!GUITAR」7月号

WEB
JAPAN TIMES


cero、いよいよ明日4th ALBUM『POLY LIFE MULTI SOUL』が店頭入荷!!!!

2018.05.14

カクバリズム,cero

いよいよ明日ですね。2015年の5月27日に発売した『Obscure Ride』からほんと3年。その間、日比谷野音でのワンマンを2016年、2017年と大成功させ、2016年の冬には今の編成で全国ツアーを開催。その中で大型野外フェスや台湾でのライブ、上海でのfesに出演と文字通り精力的に活動してました。3年って聞くとようやく!とも思いますが、「良い音楽を作り出す」という制作の道のりを考えれば当然の時間でありますし、この3年の間に多くの実りを経て・・・今作にドカンと詰め込めたとも思います。アルバムという形で音楽を届けることは今後も続くでしょうが、今作は特にアルバムとして曲順の流れ、そこに寄せた思いも聞き、感じ取ってもらえたら嬉しいです。
正直最高傑作です。是非とも聞いてほしいです!

CERO /『POLY LIFE MULTI SOUL』

『POLY LIFE MULTI SOUL』 全12曲収録
初回盤A(CD+DVD) DDCK-9008 / ¥3,400(税込)

初回盤B(2CD) DDCK-9009 / ¥3,400(税込)

通常盤(CD) DDCK-1055 / ¥2,900(税込)

通常盤・初回盤共通
POLY LIFE MULTI SOUL 全12曲収録

01. Modern Steps
02. 魚の骨 鳥の羽根
03. ベッテン・フォールズ
04. 薄闇の花
05. 溯行
06. 夜になると鮭は
07. Buzzle Bee Ride
08. Double Exposure
09. レテの子
10. Waters
11. TWNKL
12. Poly Life Multi Soul

初回盤A
LIVE DVD「CROSSING」全15曲収録

1.(I found it)Back Beard : Live at STUDIO COAST
2. Yellow Magus(Obscure) : Live at STUDIO COAST
3. Roji : Live at STUDIO COAST
4. ロープウェー : Live at STUDIO COAST
5. わたしのすがた : Live at STUDIO COAST
6. FALLIN’ : Live at STUDIO COAST
7. Orphans : Live at 日比谷野外大音楽堂
8. Summer Soul : Live at 日比谷野外大音楽堂
9. Wayang Park Banquet : Live at 日比谷野外大音楽堂
10. Elephant Ghost : Live at 日比谷野外大音楽堂
11. 我が名はスカラベ : Live at 日比谷野外大音楽堂
12. Narcolepsy Driver : Live at 日比谷野外大音楽堂
13. 街の報せ : Live at 日比谷野外大音楽堂

Extra Session
1. Waters
2. 魚の骨 鳥の羽根

初回盤B
BONUS DISC
POLY LIFE MULTI SOUL(Instrumental)全12曲

01. Modern Steps(Instrumental)
02. 魚の骨 鳥の羽根(Instrumental)
03. ベッテン・フォールズ(Instrumental)
04. 薄闇の花(Instrumental)
05. 溯行(Instrumental)
06. 夜になると鮭は(Instrumental)
07. Buzzle Bee Ride(Instrumental)
08. Double Exposure(Instrumental)
09. レテの子(Instrumental)
10. Waters(Instrumental)
11. TWNKL(Instrumental)
12. Poly Life Multi Soul(Instrumental)

『POLY LIFE MULTI SOUL』特設サイト
http://kakubarhythm.com/special/polylifemultisoul/

さて、詳しい詳細をお知らせしましたので、再度戻りまして・・・。
先ほども書きましたが・・・明日店頭に入荷するceroの最新アルバム『POLY LIFE MULTI SOUL』はceroの最高傑作と言えるでしょう。もうね、デモの段階から興奮していたんですが、ceroは1stから今も明日もだけど、本当に良い楽曲、良い歌詞を作ってくれて、僕の予想を軽く飛び越えてくれて、僕に新しい音楽の聞き方ってやつを教えてくれるし、幅を広げてくれる。ともすれば前作と同じようなサウンドや雰囲気でアルバムを作ることもできたでしょうし、それも良いかもしれません。しかしそれはやっぱりメンバー自身が演奏すること自体も面白くないだろうし笑、やっぱりバンドってメンバーが楽しく演奏することや、演奏していて興奮したり(静かにでも)、何かに新しいことに挑戦することの方が燃えるし、自分らをより成長させてくれる。もちろん過去の作品自体もそれによって新しい角度で見せれたり聞かせれたりできる。ceroはだからこそ見逃せない瞬間ばかりだし、どのライブもどの音源もそのタイミングで聞いてほしいって思うんですよね。もちろん今日1stアルバムに出会った人は羨ましいし、2ndから聞き始めるのだって最高に良いと思います。今作『POLY LIFE MULTI SOUL』は1stぽくもあり、2ndの混沌さもあり、3rdの洗練もあるという、なんとも雑多で旨味も多く、何度も何度も聞き返しては新しい興奮や発見があるアルバムです。CEROというバンドの螺旋階段は本当に恐ろしいほど魅力的です!そして全国ツアーのライブにぜひ足を運んでください。音源を聞いてライブを見ると・・・より深まる読解力!相当ライブが楽しくなるし、興奮しますよ!

19日には鬼のFREE LIVEもありますし(雨でも屋根あります!)、是非各所ツアーで会いましょう!!!
CEROのライブスケジュールを注目!

MVもここぞとばかりに投下!!!!アルバム聴いてから見るとさらに細部に色々気付きますよ!!!


cero、アルバム発売直後の5月19日(土)に発売記念フリーライブを開催!!!最高のDJもお呼びして、最高の極地!FREE!!!

2018.05.11

カクバリズム,cero

いよいよ目前になって来ましたceroの4枚目のアルバム『POLY LIFE MULTI SOUL』。5月16日発売ですので、店頭には5月15日入荷ということで・・・初回店舗別特典なども場合によってはすでに予約で一杯というケースもあるので(タワレコオンラインはすでに予約で売り切れらしいですよ!店舗はまだ大丈夫!)、ぜひこの土日に予約しましょうってことで、その予約しようという気にさせるド・デカく嬉しいニュースをお届けします!!!!

なんと!!!5月16日の発売直後の週末・・・!5月19日の土曜日の昼下がりから六本木ヒルズアリーナに特設ステージを作りまして、CEROの発売記念フリーライブ”CROSSING”を開催することが決定しました!!!!わ〜〜〜〜!!!!さらにDJでMOODMANとCOMPUMAという鉄板も鉄板、いや鬼の瓦ばりの最高のDJのお二人がライブ前後を盛り上げてくれます!これだけでも聞きに行くでしょ・・・!そして終日ONEとKONA BEERというこれまた素敵なお店がFOODとDRINKを出してくれるという・・・泣。までに気分もFREE!!!!!!!!FREEだけど、来ないと損!損!損!


ーーーー
CERO
4th ALBUM『POLY LIFE MULTI SOUL』発売記念FREE LIVE ‘’CROSSING”
日時:5月19日(土曜日)
会場:六本木ヒルズアリーナ
OPEN 13:00〜 / LIVE 14:00〜

出演:cero
DJ:MOODMAN / COMPUMA
FOOD:終日ONE / KONA BEER

FREE!!!!!!

主催:KAKUBARHYTHM / J-WAVE MUSIC
後援:J-WAVE

アルバムを15日の店頭入荷日に購入し、その週末に仮に予定あっても・・5月の土曜日の昼過ぎという最高に気持ち良いロケーションです。ビール片手に是非とも勝手にゆらゆら踊っていて欲しいです。こちらも全国ツアー前で締まりに締まって来ているライブをガツンとかまして、「あ、これは初回盤Bのインストの方を購入したけど、ライブ見たら、これはあれだライブを見ることでアルバムが完成するってやつだ!ってことはAのライブ映像も欲しい」とすら思わすでしょう!!!!!!!!いつもだけどの、今のceroはいつだって見逃してはいけないライブをしては成長し、知らないうちにバシバシにすげーバンドになっているので要注意ですよ!!!

というわけで、本当に直前になりました3年ぶりの4th ALBUM 『POLY LIFE MULTI SOUL』。とても強烈に奥深く、丁寧に音楽を作り上げながら、人懐っこさも同居するという、ceroでしかないユニークでカッコいい音楽。本当にすごいし、大好きなアルバムです。
早くみなさんに聞いてもらいたい。

5月15日に店頭で購入、何卒です!そしてフリーライブと全国ツアーでお邪魔する各地のみなさん遊びに来てください〜〜〜!


12345